オバサン情勢

c0355643_20372207.jpeg




言葉にすると、何か雰囲気が違う。

例えば「ウクライナ情勢」というと、聞いた感じ
あまりキンパク感がない。本当に戦争している(していた)
ように受け取れなくないか。
そのため、こっちにも危機感が伝わってないように感じる
のは私だけであろうか。

でまぁ、オバサンである。
「オバサン」はなんかこう、揺るぎないもの、
文句あるか的な、あるいは負のイメージ、
とにかく良くないイメージである。

そうはいうが、私はそう呼ばれるには何も抵抗はなく、
構わないと思っている。自分のことをオバサンはねぇ〜などと堂々と
言えるようになりたいと思う。
友達の子供に、「オバサンと呼んじゃダメだよ〜、
お姉さんと呼ぶんだよ〜」などと言ったりするが、
それは一種のパフォーマンスである。
我々世代の、ユーモアである。

子供や若い人から見れば、30代以上は完全にオバサンであろう。
自分たちも若いころはそう、思っていたはずである。


最近こんな話を聞いた。

お隣に住む86歳の女性が、最近知り合った女性(多分同年代)
とばったり出会したとき、
「あら、あの時のオバサン」と言われたそうだ。
オバサン・・・!!
すごくショックだったらしい。
◯◯さんとかあの時の人とか言えばいいのに。あなただって
オバサンじゃないの・・・と怒り心頭だった。

それを聞いて、私は驚いてしまった。
え・・ちょっとまって、私からすればオバサンというより
おばあさ・・・・いやいや、そんなこと言えない。

そうだよね、女性はやっぱりいくつになっても言われたくないよね。
いくら80代になっても、90代になっても。

でも、本当はそうなのだろうか?
その「オバサン」と言ったひとは、多分とっさだったので言ってしまった
のかもしれないが、お隣のオバチャンはそのひとと同年代だったから
ショックだったのかもしれない。
若い人から言われるなら構わない、それが同性だろうと
そうじゃなかろうと・・・
自分とさほど変わらない人からには言われたくないのだ。

私はどうだろう?同世代の人から言われたら?
・・・ちょっと、ショックかもしれない。







  
[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-04-01 22:03 | エッセイ

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31