ハッピーバースディ

c0355643_21513555.jpeg

今日は天気がいいのに、朝からこんこんと寝ている。
すやすや、ながながと寝ている。
まさしく寝子(ネコ)である。

私の愛猫ちゃーである。

そばに寄ると、ニャーといって起き、おもむろに
かりかりをカリカリ食べ、また自分のベッドに戻る。
ちょっとちょっかい出してみると、ニャー(うるさい)といって
また寝てしまった。



ちょうど去年の今頃だっただろうか?
一匹のネコが家に現れたのは。


2、3日前から、やたらニャーニャー鳴く猫がいる。
人の姿を見ては鳴くくせに、警戒して寄ってはこない。
木陰で寝ているところを目線を落とし、おいでおいで
呼んでみた。
すると鳴きながら近づいてきてすりよってきたのは、その
3日後だった。

ノラ猫ゲットの、いや捕獲の成功である。

これまでにも家にノラがやってきたが、こんなに早く
触れることはなかった。飼い猫だったのだろうか?


頭と背が茶トラで、お腹が白。
茶色とはいってもミルキー色で、トラ模様も薄い。
少し小柄で線が細かった。
そして特徴的なのは、たえずその場でフミフミしていること。

ネコ好きの人はご存知だろうが、フミフミというのは
子猫が母猫のミルクを飲むときのしぐさであるが、
成猫でもあまえるときフミフミすることがある。

体は小さめだが、どうみても成猫だと思う。
・・・人を見てよっぽど心細かったのだろうか。
なんだか子どもがおねだりして、スーパーの
お菓子売り場でじだんだしているようだった。

そのうち姉が使い古しのピンクのハート型のクッションを
持ってきてくれた。
それを与えると、飽きもせず、ずっとそれにゴロゴロしている。
ふと見ると、真夜中でも同じ体制でクッションの上で寝ていた。


なんだか、とてもこのネコが不憫に思えてきてしまった。
どれだけ幼いうちに母猫から離されてしまったのか、
前の飼い主が、よっぽど恋しいのか。

きっと前の主人はおしゃべりな人だったに違いない。
あんなによくしゃべる猫はそうはいない。
だけどおしゃべりっていったって度がすぎる。
あまりに鳴くので、うるさくなって、ゴールデンウイーク中
車できて(この辺は観光地であるから)、捨ててきてしまったんじゃ
ないだろうか・・・


そして、間もなくそのネコは、ちゃーこ改め、
ちゃー(場合に応じてちゃーすけ、ちゃーたろう、など)と呼ばれる。
そして、カリカリとミルクで栄養がついたのか
薄トラ、ミルキー色だった毛並みも普通と変わらない様
になった。

当時は小さく、かわいい顔も(このせいで、最初メスだと間違えた)
貫禄のある、太々しい顔になり、最近じゃ夜遊びするようになりーーー
ずいぶんたくましくなりましたね・・・


先日、私は彼の”誕生日”に新しい水飲み皿をプレゼントした。

ずっと使ってくてるとイイけど。

今日もこの一年無事であったことに安堵して、
いつものように夜のとばりに消えてゆく、
ウチのドラ息子の背中を見送るのであった。








ちょっと、かたコト(ちょっと、語ってもイイ!ひとコト!)

10年以上ぶり?

祝日に「マグリット展」へ行ってきました!

面白かったです。実際に見ることができて

幸せですね。

マグリットは、本当に帽子被って、ネクタイに

スーツ姿で描いていたというけど。

・・・・絵の具ついたらどうすんの笑

信じられません!!







































[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-05-02 23:37 | エッセイ

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31