フェスティバル

c0355643_21390534.jpeg

夏のフェスティバル、

略して夏フェスである。

私の気分だと、夏にフェスは

ロックフェスなんだけれども、

最近ではそうもないらしい。


演歌もアイドルもお笑いも、

夏にフェスするのである。

夏にフェスするのはロックバンド

だけじゃないのである。


地元の夏祭りっていうかんじなんだなぁ。

いいことである。

それに全国の、世界のひとが普通に行けるんだもの。


夏フェスって憧れである。

ここまで余裕でたいしたこと言っているが、

まだ一度も夏フェスに行ったことがないのだった。


フェスは一人で行くものではないと思っている私は、

友達とか仲間でワイワイ楽しむものであり、

そんな友達がいない自分にとっては、ほんとに

気軽にいけない、行きづらいところであるのだ。


これまでずっと行きたい気持ちはあるが、

やれアラフォーだからとか、

やれ日焼けが、とか、

(いや日焼けは本当に、あとで泣くハメになる。)

やれ人が多いしとか・・・

まあ、ほとんどいいわけなんだけれども。

20代のころはライブとか

興味なくても行ってくれたり

自分も行ったりする友人もいたが、

この歳になるとそういう友人もいなく

なって、ちょっとさびしい。

とくに結婚や出産してしまうと、

音楽の興味がなくなってしまうのかな。


夏フェスと呼ばれる前。

フジロックやロックインジャパンが始まった頃は、

小規模のフェスの場合、いろんなミュージシャンが

夏に集まってライブをすることを、

ただの夏のイベントとしか言ってなかった

そういうのには、一回だけ行ったことがある。

場所は富士急ランドで、

有名な白いジェットコースターがあった。

ちょうど台風が重なってしまって、

途中から雨が降りだし、終わりのほうでは

ザーザー降りで嵐のようだった。(もちろん雨天決行)

ステージの機材を守るテントからは、

雨が滝のように流れて、というか、

あふれていた。

カッパなどまったく意味なかった。

暑いし蒸れるし、スニーカーはぐしょぐしょだし、

まったく最悪のコンディションだったが、

それなのに、それなのに。

トリのバンドがとっても素晴らしかったこと!

そのバンド目当てで行ったのだが、

ほかのバンドより歌もパフォーマンスも

圧巻で、最悪な状況をしばらく忘れた。


曲はすべてシングル曲のロックばかりで、

いつもだったら意外なのに、この日は

嬉しい選曲だった。

直前で変更したのかな?

だとしたら、そんなココロ遣いも嬉しかった。

台風で雨で嵐で、ずぶ濡れだったのに、

ずっと聴いていたいと思ってしまう。

なにより、歌の上手さが気持ちいい。

こういう時、歌が上手いって嬉しい。


そんなこんなで、最高のライブイベントは終わったが、

その後、新幹線、電車は全線ストップしてしまい、

日帰りであった私たちは、

イベントの方が手配してくれた民宿に

素泊まりしたのだった。

あんまりファンでもなかったのに行ってくれた友達に、

悪いことしたなぁと思う。


やっぱりフェスっていいよなぁ。














[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-07-22 22:37 | エッセイ

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30