だれかの誕生日

c0355643_22320469.jpg

誰も誕生日を祝ってくれなかった、と

すごく腹を立てているひとがいたけれど、

その人はきっと去年までは

ちゃんとみんなに祝ってもらっていたんだね、

と思ってすごく幸せなひとなんだなーと思う。


すんごくくだらないことで

腹を立てたりケンカする夫婦は、

幸せなんだよなぁ。

ほんとみんな気がつかないものなんだなと

思うね。

何も持ってない自分のほうが、持ってるひとより

はっきりわかるっていうのは不思議なもんです。



誕生日には自殺者が増加するという。

誕生日のあと

飲んだグラス、食べ残しの器、

人のいた気配。

すべて切なくさせる。

今、どうして一人なの?

誕生日なのに、どうしてこんなにひとり?

それが誕生日がかなしい理由。

それとも、さっきのひとみたいに

誰も祝ってくれないからかな。


このトシになると

誕生日を祝ってくれても

あまり楽しくない。

そりゃありがたいし嬉しいけど。

ちょっと違うんです。

なんかハッピーじゃないんです。

そういうときは

誰かになにかをする。

たとえば友人に会いに行く。

その子供たちにお菓子をあげる。

親にちょっとしたものをプレゼントする。

そうして喜んでくれたら本気で嬉しい。

ワタシちょっと今日まで

生きててよかったと思うくらい、

自分でもびっくりするくらい

嬉しい。















[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-06-30 23:45 | エッセイ

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30