それでも、すすむ。

c0355643_21125207.jpg

40代にはいろいろ呼び方があるらしい。

アラフォーの次は、オーバーフォーティですか。

まー何はともあれ、いいことです。


今や遠い存在になりつつある、

”ケッコン”というワードであるが、

次にひょっこり近づきつつあるのは

”子ども”というワードであった。


この子どもというワード。

テレビや会話で話題に上がると、

決まって胸がチクリとするようになった。

世間において、ああ自分は

自然の摂理に反していると思う。

こういうときは、ふだん肩幅ひろい私も

肩身がせまくなるのだった。

結婚もしないで、子供も産まないということが、

私をそういう気持ちにさせている。

申し訳ない、エヘッ。

ぐらいになるまでには、

この先どのくらいかかるのだろう。

いや、そんなことあるのだろうか?


私のまわりには、望んでも恵まれず、

長年の不妊治療の末に子どもを諦めた方々が

たくさんいる。

だから、子どもはまわりが思ってるよりも

簡単に生まれないし、産めないことだとも

わかっている。

でも、本当に申し訳ないと思うときは、

孫が生まれたという話を、近所の人から親が

聞いているときである。

「いいわね~」とあいづちを打つ母親を見ると

胸がチクリとする。

ごめんね、お母さん。





























[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-08-22 23:45 | エッセイ

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31