c0355643_22191124.jpg



2016年、年末です。

ぜんぜん、年末感なく。。

スマスマの最終回(録画したの)を観ながらこれを書いています。

やっぱり、Smapは最高。

懐かしさと、さびしさと、やはりあります。


なんだか今年は、とくに秋から怒涛のようにいろいろあって、

いまはなんだかわからない状況です。

進んだと思ったら戻されたり、振りまわされたような思いをしたり、

なにを信じていいかもわからず。

やっと海から上がってきたか、と思ったら、また

ちがうところに振り落とされて、深く潜り込んでしまったような。

まるで、引力と斥力の関係?とかというのでしょうか。



このブログを始めたのは約2年前。

最初は

2年経ってさほど今とあまりかわらなかったり、ブログしてても

読んでくれる人なかったらやめよう、と思っていました。

だけど、やっていくうちそれはおかしいかも、と思って。

だって頭で考えたり、心で感じることは日々生まれます。

それを止めるのはむずかしい。だって、生きているのですから。

やめるなんていうのはおかしなこと。

書きたくなったら、書けばいいんです。

自分のブログなんですから。



そんな2年間で、気づいたことがあります。

それは、ひとを救おうとして、

実は自分のほうが救われてた、ということ。

ひとを幸せにするつもりが

いつのまにか、自分が幸せにされてました。

これもほんと、人の世の常なのかもしれないですね。

それで自分の幸せの価値観が変わった。

そのほかにも不思議なこと、いっぱいありました。


わけわかんなくなってるときは。自分をあえて”引いて”見ること。

そうして見れば、自分がいかに些細であるかがわかります。

微塵、なのだなぁと思う。

宇宙には星や惑星があるけれど、わたしはそのまわりを漂う、塵なのだと。

でも、それは悲観して言っているのではありません。

塵、というけれどもちゃんと存在していて。質量をもつ。物体である。

それは生きているということです。塵の役目は意外と大切なんです。

塵は集まって星になることができるし、宇宙の核となる、起源ですからね。

むずかしいことはわからないけど、存在してていいということ。

誇りを持ってていいということ。

かたちはどうあれ、そこでの役目がある。

役目を全うしようじゃないか。いつかとか来世とか考えたくないし、

今の時代を生ききろうじゃないか。と思うのです。



今年はたくさんの音楽にこころ動かされました。

最近では、桑田佳祐の「君への手紙」にえらく感動して。

信じられないくらいたくさん泣きました。

さすがですよね。

人のこころのとらえかたを知ってる。


来年はたくさん、とくにjazz音楽に触れていきたいなぁ。

といっても新しいのではなく、往年の名曲とか、

やっぱり昔のものが好き。

新しいのも聴かねばならない?

IT難民?

いえいえ、いいんです!


こんな、つたないわたしの言葉にイイネしてくださったかた、

少しでも立ち寄ってくださったかた、ほんとうにどうもありがとう。

わたしはそれに救われました。ほんとうに。

お互い良い人生にしていきましょうね!


いまもずっとネコと音楽に癒される日々であります。

来年が、あなたにとって素晴らしい1年でありますように。








[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-31 22:23 | エッセイ

Lead the way

c0355643_22555464.jpg




こんな冬の時季は、マライア・キャリーの「Lead the way」

を聴きたくなります。


むかーし、

「アリーMyラブ」という海外ドラマのなかで

使われたことがあって、アリーが仕事帰りに

”金曜日の夜は、スケートの気分”と言って

ひとり、スケートリンクに行き、滑り出すときにかかる曲でした。

彼女はフィギュアスケート選手なみに飛んだりまわったり、

最後はひとりスポットライトでフィニッシュを決めるわけですが

(すべっているのはきっと本人ではないでしょうけど)、

なんか良かったんです。

おとなの女性のひとりの気分、自由な週末の、

穏やかな感じとちょっとのさびしさと。

そんななかで流れるマライア・キャリーの歌声が

強く、やさしくつつみこみます。



「Lead the way」はマライアの「glitter」という

アルバムの2曲目に入っています。

そのアリーの場面を見てからこの曲を聴きたくて、

中古CD店で探して買ったもの。

当時はネットで探すなんて考えがなった時代です。

あまり彼女の歌はちゃんと聴いたことはなかったけど、

このLead the way」という歌は、いまでもすごく好き。

曲は、わたしとあなたが近づけば、そこには愛が生まれ、

わたしたちを導き、いざなうでしょう、

というような内容ですが、こんな寒いなかでも、

わたしのような四十路の身でも(笑)

いつの間にかあたたかく、おだやかな気持ちになります。

とくに最初のピアノからルルル~ハミングで始まるのが、

鼻歌のような聞きごこちで良いんですよねー。

本当にだれかフィギュアスケート選手のかたに、

この曲をエキシビジョンあたりですべってくれないかな、

なんて思います。

また「アリーMyラブ」では、よく使われていた挿入歌に

「Maryland」というオリジナルの歌があるんですが、

おとなの女性が強く、ちょっとさびしく、

ときには仲間と笑いながら、街で生きていく。

切なくて、でもなぜか心穏やかになれる、

これもすごくすてきな歌です。



ひきつづき、音楽に癒される日々。

あなたは、どんなときこころほっとしますか?













[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-22 23:54 | エッセイ

雲をつかむまで

c0355643_21022286.jpg


世のなか、不思議だと思うことは、


簡単に出会ってしまえる人もいれば、ぜんぜん会えない人もいる。


なんども会える人もいれば、一生まったく出会えない人もいる。


それが、人の世の運命なのかもしれないけれど。


悟ったひとのように、そうも考えないと生きてはいけない。


後悔はしたくなかったけど、あとで


なんであのとき会いに行かなかったんだろう?


と、やっぱりしてしまうのも、運命かなぁ、と思うのだった。


でも傷つけようとは決して思ってない。


いつもその逆だった。





アカリノムコウ展〜ブログdeぎゃらりー






[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-18 00:14 | ギャラリーと詩集

c0355643_19232264.jpg





「この道は、未来へと続いている。」

ひっそりと光っている、この胸の輝き。

両手でそっとかざしてみる。

それはさみしさ、悲しさ、夢?希望?

未来か、過去か。


それでも、ともに歩こう。

ともに、生きよう。

いのち果てるまで。


琥珀いろ。

翡翠いろ。

ラピスラズリは、地球の涙いろ。


涙の温度ってどれくらいだろう?

きっと微かな温度。

微かだが、暖かい優しい温度。


君の涙は、きっとあたたかい。

あたたかく、ときに熱い。

きみは、涙よりもあたたかく優しく、

そしてきみの瞳は地球より純粋に輝いている。



「泣かないで。」


それでも、ともに歩こう。

ともに、生きよう。

胸が痛いのは気のせいじゃない。

ちゃんと”そば”にいる。

いのち果てるまで。




”アカリノムコウヘ展〜ブログdeぎゃらりー”





[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-04 23:45 | ギャラリーと詩集

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31