短編「手紙」

c0355643_22325555.jpg


それは突然だった。

君が遠くの町へ引っ越すと言う。

でもあまりびっくりしなかった。

それは自分でも

なんとなくわかっていた気がするから。

だから普段と変わらずにいた。

君はいつもゆっくり歩き、

ゆっくりしゃべる。

肌は透けるように白く、

まるで木の棒みたいに

ひょろっとしていて、背は高い。

太陽は好きだと言うが、

陽の下を避けるように過ごす。

たぶん、あまり身体が良くない。

だぶん、というのは、どんな病気なのか

本人に尋ねても、いつもかわされ、

シレっと流されてしまうからだった。


今回引っ越すのも、もっと専門の病院で

治療を受けるためと聞いた。

噂では相当悪く、もうあまり永くは生きられないと

近所のおばさんが言っていた。



彼は半年前、このクラスに転校してきて、

家が近所だったこともあって

一緒に帰ることが多かった。

先生は彼の身体を気づかって

ちゃんと彼を送り届けるよう

よろしく頼む、ということだったが

そんな周りの心配をよそに、

放課後タワレコに行ったり、ゲームセンターで

遊んだり、校舎の屋上に行って

夕陽を眺めたりした。

そんなひと時が楽しかった。

彼はよく屈託なく笑った。



前日は教室に集まって

クラスのみんなで彼のお別れ会をした。

泣いている友達もいた。

元気でね、遠くにいても頑張って。

連絡して。遊びにいくから。

元気になって。

ほんと元気でね・・・・・


放課後、

大きな花束を抱えた彼と帰る。

「楽しかったね。」

「そうだね。」

「泣いちゃった?」

「まさか。」

ちょっと聞いてみる。

「ねぇ、最後なんだし、その病気なんだか教えてよ。」

「あはは。しつこいなぁ。」

「いいじゃん。減るもんでもなし。」

花束が歩くたびにガサガサ鳴る。

「じゃあいいよ。」

「ほんとに?」

「うん、あしたの出発前にうちに来て。ちゃんと教えるから。」

「やった。」

「そんなに嬉しいかなぁ。」

「嬉しくはないけど、隠してると聞きたいっていうか。」

「なんだ。あははは。」

君が笑うたび、持ってる花が揺れた。



次の日、彼の家に行くと

そこはもう”もぬけの殻”だった。

近所のおばさんが言うには、

少し予定が早まって、朝早く出て行ったらしい。

「あなたによろしく伝えておいてって。」



その部屋はガランといていた。

まだ午前中の陽が差し込んでいて、

より一層、何もない部屋をあかるく照らしている。

目の前の窓に何か小さい紙のようなものが

貼り付けてあるのを見つけた。

手を伸ばしてはがすと、

その紙は二つ折りになっていて

光に透かされて、なにか書いてある。

開いてみると、

そのメモのような手紙には

ちいさく、見慣れた字が書いてあった。

読み終わったあと、いつの間にか

次から次へと涙があふれだしていた。

バカだな。わたし、相当バカだ。

今ごろ気づいた。

救われていたのは、わたしの方だ。




「今日気が付いた。

ここしばらく思ってなかった。

今日、思ったとき

そのことに初めて気が付いた。


君が救ってくれていたんだね。

ありがとう、

ほんとうに、ありがとう。

今度あうとき恩返せるかな。

君にあうまでの僕は

ずっと死にたいと思ってたよ。」



(おわり)








[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-02-09 23:28 | 短編集

c0355643_23573071.jpeg

マチ子さんは部屋のカーテンが古くなったので、

新しいのに買い換えることにした。

ネットショップでカーテンを買う。

カーテンは今までの経験上、シンプルで

自己主張しないものが良い。

その時のときめきだけで選んでしまうと失敗するし

いずれ飽きる。

部屋に馴染み、かつ広く見せるベージュ色が良い。

画像で色を確認し、サイズもぴったりだ。

購入ボタンをクリックして、バタバタと家を出、

会社に向かう。


**********************


帰り道、夕暮れ。

今日は残業して遅くなったけど、

ちょっと寄り道してみよう。

夏至を過ぎてもまだまだ明るかった。

いつもとはちがう道を通って、

河川敷へと出る。

川に沿い歩いていると、

どこからか歌が聞こえてきた。

向こう側の桜の木の下で、ストリートミュージシャン

がギターを弾いている

そのままとおり過ぎてゆくと

背後からかすかに「僕を愛して」

と聞こえたような気がした。


遠くに街明かりが見えてきた。

まるで一つ一つの明かりが一人ひとり、

人の数みたい。

人間は輪廻転生をくり返すというけれど、

全員がくり返してたら、人の数は減らないだろう。

世の中は少子化なんやで人口が減っているのに。

生まれ変わる人=魂が減ったからなのだろうか?

もう私はじゅう分、

僕はこの時代でじゅう分生ききった!

という人(魂)が増えて、ネハン?の域に入り、

生まれ変わらなくなって、つまり転生人口が減ったから??


でも、そうした魂はどこへいくのだろう。

空高く、宇宙の果てまで行くのだろうか。

または溶けて消滅し、地球の血と肉となるのだろうか。

でも、それもいい気がした。


マチ子さんはさっきより増えた街明かりをみた。

これからだんだん夜に変わっていく。

振り返ると、西の空と雲がオレンジとピンクに染まっていた。



*****************



次の日の朝、カーテンが届いた。

予定では2日後なのに、

1日早かったなぁ、まあいいか。

などと思いながら包みを開ける。

「!?」

入っていたのは、

真っ青な、空色のカーテンだった。

空色が真っ青というのはおかしかったが、

彼女は空色だと思ったのだ。


マチ子さんは少し考えてから、

その空色のカーテン部屋にかけてみた。

まるで海面すれすれを飛ぶ鳥みたいに

窓から風が入ってきて、カーテンがゆれた。

空は真っ青で眩しい。

木の葉がさらわれるくらい風になびいている。

どこか異国の風景のようだと思った。

カラリとした光と影のコントラストが

きれいだった。


きっと梅雨は明けたんだ、と思った。

だってセミが鳴き始めている。

マチ子さんの耳にはいつの間にか、

河川敷のミュージシャンの歌が聞こえていた。

あの時「僕を愛して!」と叫んでいた。

そう、気のせいじゃない。

確かにそう言っていた。



(おわり)
















[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-07-19 01:00 | 短編集

I LOVE TOKYOとメロンパン

c0355643_21560832.jpeg



「I love Tokyo!」

って叫びたくなるような夜景だ

目の前に 穏やかに広がるひかりだ

ビルの赤い点滅

観覧車のイルミネーションが映ってる

ゆっくり 静かに灯ってる


東京に居た頃は気づきもしなかった

いわゆるデートスポットなんだ

海 ショッピング 観覧車はあるし

嘘だと言われるかもしれないが

一度もきたことなかったよ

ていうか、ほんとに人ばっかだ

家族連れ 騒ぐ子どもたち 楽しそうな外国からの観光客


「I love Tokyo!」な夜景だ

後ろで「わぁ、ステキー」と声がする

さっき 歌ってたうたを口ずさんでいる


ララララ、メロンパン〜 メロンパン・・・・


メロンパンをこよなく愛する歌だろうか

それとも、メロンパンを食べたくなっただけ?


どんな歌だろうって、気になって歌詞見たことあったけど

メロンパンなんて 歌ってはいなかった

やっぱり愛は求めてはいけないのだ

さびしんぼうになるだけだ


帰ろーう。

ひとり まっすぐな道が目の前に広がっていたから

後ろの夜景に別れを告げて

自分だけの道を行こう

歩き出すと、ふと思ったこと

あー せっかく今日のネイル、可愛いのに見てもくれなかったなぁ。

「I love Tokyo!」

「Someone loves Tokyo!!」






[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-05-21 22:08 | 短編集

コイな話

c0355643_20483845.jpeg


シツレンしたら、丸坊主にすると彼女は言った。

シツレンしたら、私はどうなってしまうんだろう?
考えただけでぞっとする。何にも考えられない未来。
フラレテも幸せになってもらいたい。心からそう思っている。
だけど。そのあと私は?いったいどーすんの?
とても生きていけそうにないから、死んでしまおう。
海に飛び込もうか。
高層ビルから飛び降りようか。

でも、その選択肢はないだろうな。
私は自分の人生を全うすることに決めたんだ。きっと
辛いけど、この人生を生ききりたい。
そう決めたんだった。

生きるんだったら何かしてやろう。何もない未来は恐ろしい。
髪でも切るか。ベタすぎる。そんな人いないと思う。
じゃー丸坊主にする。ハードル高い?
それなら金髪にする。全部切っちゃった方が思い切りよくない?
でも、金髪もかっこよくない?(え?ちょっとしたがってる?)

丸坊主か金髪にすることに決めた。
選択肢は多い方が楽しい。(2コだけど)
とりあえずシツレン後することが見つかって、ほっとする。
そこまで生きられる。
切ったあとは、金髪にするにしても、どーする?
普通に生活できないよね?会社にもいけないし。
その時はカツラをかぶればいい。
そうだ、カツラ買わなきゃ。
今まで諦めていたストレートのロングにしてみたい。
あー、良かった。また予定が見つかった。
どんどん楽になってゆく。未来は見えないから怖いのだ。

カツラっていくらぐらいするんだろ?
彼女はそう言って笑った。










[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-03-07 21:52 | 短編集

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31