c0355643_22191124.jpg



2016年、年末です。

ぜんぜん、年末感なく。。

スマスマの最終回(録画したの)を観ながらこれを書いています。

やっぱり、Smapは最高。

懐かしさと、さびしさと、やはりあります。


なんだか今年は、とくに秋から怒涛のようにいろいろあって、

いまはなんだかわからない状況です。

進んだと思ったら戻されたり、振りまわされたような思いをしたり、

なにを信じていいかもわからず。

やっと海から上がってきたか、と思ったら、また

ちがうところに振り落とされて、深く潜り込んでしまったような。

まるで、引力と斥力の関係?とかというのでしょうか。



このブログを始めたのは約2年前。

最初は

2年経ってさほど今とあまりかわらなかったり、ブログしてても

読んでくれる人なかったらやめよう、と思っていました。

だけど、やっていくうちそれはおかしいかも、と思って。

だって頭で考えたり、心で感じることは日々生まれます。

それを止めるのはむずかしい。だって、生きているのですから。

やめるなんていうのはおかしなこと。

書きたくなったら、書けばいいんです。

自分のブログなんですから。



そんな2年間で、気づいたことがあります。

それは、ひとを救おうとして、

実は自分のほうが救われてた、ということ。

ひとを幸せにするつもりが

いつのまにか、自分が幸せにされてました。

これもほんと、人の世の常なのかもしれないですね。

それで自分の幸せの価値観が変わった。

そのほかにも不思議なこと、いっぱいありました。


わけわかんなくなってるときは。自分をあえて”引いて”見ること。

そうして見れば、自分がいかに些細であるかがわかります。

微塵、なのだなぁと思う。

宇宙には星や惑星があるけれど、わたしはそのまわりを漂う、塵なのだと。

でも、それは悲観して言っているのではありません。

塵、というけれどもちゃんと存在していて。質量をもつ。物体である。

それは生きているということです。塵の役目は意外と大切なんです。

塵は集まって星になることができるし、宇宙の核となる、起源ですからね。

むずかしいことはわからないけど、存在してていいということ。

誇りを持ってていいということ。

かたちはどうあれ、そこでの役目がある。

役目を全うしようじゃないか。いつかとか来世とか考えたくないし、

今の時代を生ききろうじゃないか。と思うのです。



今年はたくさんの音楽にこころ動かされました。

最近では、桑田佳祐の「君への手紙」にえらく感動して。

信じられないくらいたくさん泣きました。

さすがですよね。

人のこころのとらえかたを知ってる。


来年はたくさん、とくにjazz音楽に触れていきたいなぁ。

といっても新しいのではなく、往年の名曲とか、

やっぱり昔のものが好き。

新しいのも聴かねばならない?

IT難民?

いえいえ、いいんです!


こんな、つたないわたしの言葉にイイネしてくださったかた、

少しでも立ち寄ってくださったかた、ほんとうにどうもありがとう。

わたしはそれに救われました。ほんとうに。

お互い良い人生にしていきましょうね!


いまもずっとネコと音楽に癒される日々であります。

来年が、あなたにとって素晴らしい1年でありますように。








[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-31 22:23 | エッセイ

Lead the way

c0355643_22555464.jpg




こんな冬の時季は、マライア・キャリーの「Lead the way」

を聴きたくなります。


むかーし、

「アリーMyラブ」という海外ドラマのなかで

使われたことがあって、アリーが仕事帰りに

”金曜日の夜は、スケートの気分”と言って

ひとり、スケートリンクに行き、滑り出すときにかかる曲でした。

彼女はフィギュアスケート選手なみに飛んだりまわったり、

最後はひとりスポットライトでフィニッシュを決めるわけですが

(すべっているのはきっと本人ではないでしょうけど)、

なんか良かったんです。

おとなの女性のひとりの気分、自由な週末の、

穏やかな感じとちょっとのさびしさと。

そんななかで流れるマライア・キャリーの歌声が

強く、やさしくつつみこみます。



「Lead the way」はマライアの「glitter」という

アルバムの2曲目に入っています。

そのアリーの場面を見てからこの曲を聴きたくて、

中古CD店で探して買ったもの。

当時はネットで探すなんて考えがなった時代です。

あまり彼女の歌はちゃんと聴いたことはなかったけど、

このLead the way」という歌は、いまでもすごく好き。

曲は、わたしとあなたが近づけば、そこには愛が生まれ、

わたしたちを導き、いざなうでしょう、

というような内容ですが、こんな寒いなかでも、

わたしのような四十路の身でも(笑)

いつの間にかあたたかく、おだやかな気持ちになります。

とくに最初のピアノからルルル~ハミングで始まるのが、

鼻歌のような聞きごこちで良いんですよねー。

本当にだれかフィギュアスケート選手のかたに、

この曲をエキシビジョンあたりですべってくれないかな、

なんて思います。

また「アリーMyラブ」では、よく使われていた挿入歌に

「Maryland」というオリジナルの歌があるんですが、

おとなの女性が強く、ちょっとさびしく、

ときには仲間と笑いながら、街で生きていく。

切なくて、でもなぜか心穏やかになれる、

これもすごくすてきな歌です。



ひきつづき、音楽に癒される日々。

あなたは、どんなときこころほっとしますか?













[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-12-22 23:54 | エッセイ

c0355643_23413489.jpg



まるで眠りにつくまえ、都会でつぶやく吐息のような歌。

ほっとしているのか、または悲しんでいるのか、

もしかして今日のため息を。あしたに希望を。

夜、だれかが眠っている。

だれかがとおくの夜景をみつめてる。

そっと、息をはいてる。



ひさしぶりに、山下達郎の「蒼氓」をきいた。

世のなかには、”夜の吐息のような歌”がいくつか存在する。

あと知っているのはたぶん、秦基博の「Dear Mr.tomorrow」とか、

岡村靖幸の「真夜中のサイクリング」のような、

勝手にそうじゃないかと思っている。

そのいくつかの中で昔から心のなかにあるのが、この歌だ。


蒼氓(そうぼう)、意味を調べると、人民、国民、蒼生とある。


たくさんの人たち。

だけど一人ひとり、そこにいて、

街ではいろんな人々が、何かをして

働いたり、何かを考えたり、

笑ったり泣いたりときには怒ったりして

生きている。

そのなかでだれかが、

それをとおくでフカンしたり、ズームアップしたりして

ながめているような。そんな歌。


”吐息の歌”を聴くと心のおくで、何かが自然にこみ上げてきて、

いつのまにか自分もため息をついている。

そして聴きおわると、生きているひとのことを思う。

きっとみんなもこうやって、ため息だったり吐息だったり、しながら

どこかで生きているのだと。


おつかれさまです、またあした!


ケッコウ、未来はあかるい、かもね。















[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-11-05 00:14 | エッセイ

NO MUSIC NO LIFE !

c0355643_22540475.jpg



音楽に癒される毎日。

最近午前中に聴く、ファンクが心地いいと発見。

no music no lifeって、過去に

タワーレコードのコピーにもあったけど、

そう思える時、それは幸せだと思う。


ジャンル問わず、そんな音楽が好きである。

そんなに詳しくないけど、

クラシック音楽は、あまりの音の優美さに、身体ごとその音楽の世界に入りたい、

浸かりたいと思わせてくれる。

ジャズは、耳で音と演奏を想像しながら楽しませてくれるし、

時にはその響きに癒される。

ロックは言うまでもない、音が鳴ればもう無条件で楽しい!最高!と思わせてくれる。


ところで昔から思うのは、

ビートルズが街中で、あるいはラジオから流れてくると、

やっぱりいいよね〜最高!と思うのに、家で聴くとなんか違う。

これはサザンのときもそうだ。

家の中で聴くと、急に歌が色あせてしまうのはなぜなんだろう?

彼らの音楽のよさが半減してしまうような気がする。

でも音楽は逆の場合もあって、いつも変わらないCDの音のほうが、

こころ安らぐときもある。


ここ数年はジャズが好きになった。

どっぷり浸ってみたい気がするけど、止めている。

なんかね、オトナになると、なんでもフラットでいたいと思うんです。



















[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-10-22 23:21 | エッセイ

夏色の服〜四季〜

c0355643_23280245.jpg



最近とっても好きなのは

大貫妙子の歌。


あるTVの挿入歌を聞いて、

なんてすてきな歌なんだろうと思って。

声で彼女だと分かっていたので

調べたところ、

”鉄道員”という曲でした。

それまで映画「鉄道員(ぽっぽや)」の

主題歌だったことも知らなかったわけですが、

この歌以外にも大貫さんの歌、大好きになりました。

以前は正直苦手に思っていた声。

つめたく、無表情に歌うけれど

声は温かみがあり、凛としている。

そこにすっと感情が入るときがあって、

それがいまはとても素敵だと思う。


歌って、ときにひとの財産になるもんです。

偶然に歌を知った、というより、

今が知らせてくれたのかなと思ったり

しています。








[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-07-27 23:26 | エッセイ

c0355643_21545286.jpeg

ひとが好きな歌について

語っているのが好きだ。

その歌に情熱があるほど

こっちにも強く響いてくる。

その歌を聴いた時の

情景が飛び込んできて

興味深い。


いつだったか、テレビである

ミュージシャンが、ユーミンの

”Hello,my friend”を聴いた時のことを

話していた。

最初聴いた時は、

「ぜんぜん、よくわかんない」

だったそうだ。

だけど数年経ったとき、

偶然、車の中でラジオからこの歌が流れた瞬間、

胸に、心に、感動が走ったという。

車を路肩に止め、こみあげた想いに運転できなかったと。

その話の後にこの曲を歌ったのだが、

今度は聴いてるこっちのほうが、

感動でどうしようもなくなってしまった。

その時の彼の気持ちが

歌に入り込んで、今度は

彼自身が感動をはこんでいた。

ラジオから流れてくるユーミン。

車の窓から見える景色。

車の中のそのひとの姿。

すべて想像だが、見えた気がした。


またあるひとは、

仕事帰りの車の中で、曲を聴いていた。

偶然かかった歌が突然、胸に刺さる。

いつも聴いている歌なのに

その時の、夜の街の風景と

疲れて帰る自分が重なった。


確かに

車の中で聞くと意識が

他にいくから、

素というか無というか

あまり先入観なく聴けて、

ダイレクトに心に響くときがある。

個室のようなものだから

自分の世界に入れるのだ。


だが、ほんとに偶然なんだろうか?

と思ってしまう。


最初のそのひとも言っていたけど

敢えて”運命”がそのとき、その場所で

そのときの自分に、

聴かせたんじゃないだろうか。

まるで運命が、そのときの自分に

この今の自分に聴かせるように、

この歌を作らせ、仕向けたんじゃないか。と。

歌を作らせるって思うのは、

なんだかおこがましいけど、

そう感じるときがある。


歌だけとはかぎらず、

創り出されたものは

自分の手を離れた瞬間、だれか

ほかのひとのものになるのだと思う。














[PR]
by kuroshiro_neko | 2016-07-14 00:01 | エッセイ

c0355643_23305328.jpeg



10代~20代前半の多感なときに

聴いていた音楽が、20年、30年経って

いま驚くほど胸に響いている。

例えば、オザケンとかレベッカとか。

それは前も好きで聴いていたはずなのに、

CDは歌も同じなはずなのに、

明らかにそのときとは違うのだった。


また新しい感覚で聞こえてきて、

あるいは、以前はまったく響かなかったのに

いま聴いたらわかる感覚。

不思議だな、と思う。


そしてそれは、そのときよりも

はるかに深く胸に突き刺さり、

眩しすぎるくらい光っていて、

まるで手放した宝のようだった。


いま世に出ている世代の音楽も

きっとそうなるんじゃないかなぁ。

10、20代のみなさま、

楽しみにしててくださいね!









[PR]
by kuroshiro_neko | 2015-12-28 23:35 | つぶやき

シロクロの絵とエッセイなど書いています。ブログ内で「アカリノムコウへ展」不定期開催中です。いつかギャラリーでも個展を開いてみたいてすね。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31